「小指に結ばれた赤い糸の先はどこにつながっているのだろう……?」
今話題の人気スポット、谷根千エリアにある”スリランカカレーが食べられる”カフェ 『アユボワン』

アーユは「長い命」、ボワンは「続きますように」という意味で、スリランカのシンハラ語で 「こんにちは」を表す。

実は、この店の左隣りは延命地蔵尊で、店内を見渡せば目にとまる木製の壁飾りの大きな手からつながれている赤い糸は、そのお地蔵さんにつながっているのだ。
それだけでも、何やら面白そうな雰囲気と、乙女心がワクワクしてくる空間がとても魅力。 その上、ふらっと立ち寄りたくなってしまう居心地のよさそうな、風通しの良い店内は、こののんびりとした穏やかな下町と、店の優しいオーガニックな雰囲気が妙にマッチしているからなのかもしれない。

メニューのテイストがスリランカなのは、店長の鎌田さんが旅行で行ったその国とカレーにハマってしまったからだそう。
スリランカもまた谷根千と同じく、雰囲気がゆったりとしていて、人が親切で歩きやすい国だと感じたらしい。

もっと多くの人にそんな、「素敵なスリランカ文化を知ってもらいたい!」という気持ちが膨らんだのと、帰国してからスリランカカレーが恋しくなっても食べられる店なかった事から、スリランカの魅力を伝えられるカフェを開きたいと思っていた。
そんな時、場所や、名前や、タイミングなど全ての不思議なご縁がつながり、ここに行き着く。

名物のカレーは丁寧に仕込まれたスパイシーな本場のお味なので、可愛くお洒落なカフェだけじゃないところがまた深い。
アユボワン メニュー
メニューを開くと、カレーの他に、スリランカパンケーキ(ココナッツのクレープ)、スリランカ紅茶やハーブティー、ハーブハイ(ハーブ焼酎)もある。
メニューには、 鎌田さんが自身の心に留まって収めたスリランカの写真を眺める事ができ、「スリランカカレーの美味しい食べ方」や豆知識なども書いてあるので楽しい。

ハーブといえば、店の中でもう一つ目を引くのが、「メディカルハーブマンカフェプロジェクト」のポスター。
こちらは、人の型に畑を作って、その体の部位に薬草やハーブを植えて、収穫して次の土地へ移動サーカスのように移っていく……そんなハーブマンが世界中を旅しながら続けていくプロジェクトで、ハーブティーの売り上げの一部はこのハーブマン基金に寄付しているそう。
テーブル席には、ミニチュアのハーブマンがいるのでお茶をしながらホッと優しい気持ちになれるかも。
ハーブ、スパイス、アーユルヴェーダ、健康、延命……このカフェを支えるいろんな人の想いとタイミングが重なって自然にこのカフェのコンセプトになっていった「アユボワン」 優しい時間が流れる店内は、どこに座っても楽しめるよう工夫されている。

また日々試行ををこらし、より素敵にリヴィジョンしているそうなので、「今朝描かれたばかりのイラストが増えた!」なんて事もあり、カフェに通って見つけてみるのもオススメ。

かわいい雑貨に囲まれ、心身が癒されるメニューと、ゆったりとした時間の中でのくつろぎは、きっとおしゃべりにも花がさくはず。
おひとりでも自分の時間を大切にでき、想像力を刺激できそう。

心が満たされるひとときを過ごせるそんな場所だ。
店名
ayubovan! アユボワン
住所
〒113-0022
東京都文京区千駄木3-46-9
営業時間
11:30~23:00
定休日
水曜日
道順
道灌山通りにむけて徒歩6分ほどの
よみせ通りに入ってすぐです。
TEL
03-5834-8219
食べログのサイトはこちらから

上田基さんの営業ちゃんねるにご紹介されました
詳しくはこちらから

copyright all right reserved@ayubovan!